「WriteNote」がおすすめ!iPhoneからテキストメモを1日単位でEvernoteに保存

evernote_iphone

せっかく思いついたアイデアは、忘れないうちにメモしておきたいものです。

関連記事:大切なアイデアをためていく方法はこちら

せっかく浮かんだアイデアだったのに、思い出せない… こんなことがよくあるのなら、良い方法があります。 浮かんだアイデアはもう覚え...

ちょっとしたことをメモしたいとき、メモ帳とペンがない時もありますね。こんな時には、「iPhoneを使った良い方法」があります。

思いついたら、サッと出して、素早く入力できる「WriteNote」を紹介します。

iPhoneやiPadからメモ入力できるアプリ「WriteNote」

Evernoteは情報を管理するのにはとても便利なのですが、ちょっとしたメモを素早く入力したい時には向きません

WriteNoteなら、iPhoneやiPadで入力したメモを、Evernoteの「特定の1つのノートブック」に送ることができます。

アプリ(iOS):WriteNote(無料)

WriteNote01

文字を入力して送信」すれば、「Evernoteに保存」されるというツールです。

1日分が1つのノートブックに時系列に記録されていく優れものです。

無料で使えます。

使い方はとても簡単です。文字を打って、送信を押すだけです。
起動は早いですので、「思いついた時に1~2行入力して送信」を繰り返すことができます。

WriteNoteはこんな画面です。
無料版には広告が入りますが、特に不便はありません。有料版は、広告が消えるほかに、メモに画像を付けることが可能になるようです。

WriteNote03

上のような文章を打って送信してみると、Evernoteには以下のように保存されます。

Evernote0404

パソコンからも同じように、入力するとEvernoteに送ってくれるものがあります。
PCソフト(Windows):FastnotePlus(無料)
FastnotePlus01

PCからは「FastnotePlus」、iPhoneからは「WriteNote」でメモすれば、どちらも同じEvernoteのノートへ記録していくことができます。

ノートブック(フォルダみたいなもの)のタイトルは自由に決められます。次のように、西暦を名前にしておくと毎年自動的に西暦名のノートブックが追加されます。

*設定画面

WriteNote04

ちょっとしたメモをEvernoteに集めていくのには最適です。

ぜひ試してみてくださいね。

関連記事

いろいろなツールを駆使して、大切なアイデアをためていく方法を紹介するシリーズの第4回です。前回から、具体的なツールを私の例で紹介して...