すばやく録音!iPhoneですぐにボイスメモを使う方法

voicememo

以前、大切なアイデアを溜めておく方法の一つとして「声で記録する」というのを取り上げました。

大切なアイデアをためていく方法を紹介するシリーズの第5回です。 前々回から、具体的なツールを私の例で紹介しています。 今回は...

今回は、iPhoneを使ってすぐに録音できる方法を紹介します。

アイデアの記録にiPhoneの「ボイスメモ」を使う

思いついたことは忘れないうちにメモしたいですが、書き留めることができないときもあります。自分でしゃべったことを録音しておくことで、忘れないうちに記録することができます。

ICレコーダーを使えばよいのですが、いつも持っている人は少ないでしょう。
でも、iPhoneなどはいつでも持ち歩いているでしょうから、使わない手はありません。

iPhoneには最初から「ボイスメモ」という録音アプリが入っています。

他に優れた録音ソフトはいくらでもありますが、せっかく入っているのですから使ってみましょう。

サッと出して、すぐに使うには?

iPhoneを起動させて、そのあとボイスメモのアイコンを見つけて、普通にアプリを立ち上げて、録音ボタンを押して・・・

もちろんこれでもよいのですが、
ボイスメモの「もっと実用的な起動方法」があります。

サッと出して、簡単にすぐ録音する方法です。

コントロールセンターから「ボイスメモ」を3Dタップ

iPhoneなら、指紋認証後、画面下からスワイプで、すぐコントロールセンターを呼び出すことができます。顔認証のiPhoneXだと顔に向けてから右上からスワイプです。

voice01「ボイスメモ」のアイコンを3Dタップ(強く押す)します。

「新規録音」を押す

「新規録音」と出るので、それを押します。

voice02

これだけで録音が開始されます。

voice03

停止後は、「ボイスメモを保存」の画面が出るので、「保存」を押します。

voice04

音声ファイルが登録されました。

voice05

パソコンに保存するには

赤の四角で囲んだところをクリックすると、「次にできる操作の画面」が出てきます。

voice06

下にあるような画面が出てきます。

Dropboxに保存しても良いですし、Evernoteに保存してもパソコンから使えます。

voice07

Evernoteに保存する場合、結構な容量を使ってしまうことがあるのでご注意を。
Evernoteを無料で使う場合の月間アップロード容量は「60MB」しかありませんので。

私は、一言二言くらいのメモなら、再生後、文字入力しなおして記録、音声は削除してしまうので、Evernoteに音声ファイルを保存することはありません。

以上、ボイスメモの「もっと実用的な起動方法」でした。