【ソロキャンプ】メスティンってどうなの?? 魅力はいろいろあります

ファミリーキャンプでは、多分、選択肢として登場しなかった「トランギア メスティン」。
ソロキャンプを始めようとグッズを検討するときには、きっと視野に入ってくることでしょう。

ファミキャン目線ではチープな印象かもしれませんが、ソロキャンプ目線では非常にかっこよく見えてくるから不思議。

今回は、「メスティン」の紹介です。

●メスティンとは

メスティンは、世界的に有名なスウェーデンのアウトドアメーカー「トランギア社」の製品です。日本では、イワタニ・プリムスが扱ってます。

無垢のアルミを使用した飯ごうなのですが、アルミは熱伝導率の高いので炊飯に適しています。

2種類のサイズのものが販売されています。

メスティン TR-210
・サイズ:17×9.5×6.2cm
・重量:150g
・容量:750mℓ
・素材:アルミ製(無垢)

ラージメスティン TR-209
・サイズ:20.7×13.5×7cm
・重量:270g
・容量:1350mℓ
・素材:アルミ製(無垢)

●アルミ製品の良いところ、残念なところ

クッカーやケトルなど調理器具には、アルミ製、ステンレス製、チタン製など材質はいろいろあります。メスティンは無垢のアルミ製です。

アルミ製にも、良い点もあれば残念な点もあります。

良い点

〇軽い・・・チタンにはかないませんが、ステンレスと比べればとても軽いです。

〇熱伝導率が高い・・・熱が伝わりやすいので、全体に熱が回り、炊飯には適しています。

〇比較的安価・・・チタンに比べて価格が安いのでお財布にやさしいです。

残念な点

〇変形しやすい・・・チタンやステンレスに比べてやわらかいので、へこんだりゆがんだりしやすいです。

〇黒ずみ・・・使っていると変色して黒ずんでくることがあります。使う食材などに気をつけていても、水道水にも黒ずみの原因は含まれているのでケトルも変色したりします。⇒黒ずみを取る方法はこちら

〇見た目がチープ・・・これは好みの問題ですが、確かにキャンプを始めたときには安っぽいと敬遠してました。今はそんなことないですが。

以前はよくアルミの食器や鍋を使うとアルツハイマーになると言われていましたが、今はほとんどそういったことは言われなくなりましたね。(大丈夫ということです)

アルミ製でも各種加工が施されて、「丈夫」で「変質しにくい」ものも多くなり、アルミのイメージもだいぶ変わりました。

メスティンのように昔ながらの無垢のものは、シンプルですが使いやすく人気があります。

黒ずんでしまうのが嫌というのなら、簡単に落とせますので心配いりません。

アルミ製のクッカーやケトルは、使っているうちに黒ずんでしまうことがあります。 この黒ずみは、簡単にきれいに取ることができます。 ...

メスティンはいいですよ。おすすめです。

●ソロキャンプで大活躍

メスティンは、家族みんなのファミリーキャンプで使う道具というより、その大きさからわかるように、ソロでキャンプするときにピッタリのクッカーです。

魅力その1:炊飯に最適

何といってもここは外せない点。アルミ製なので、ご飯を炊くのに適しています。

それに、固形燃料を使えば、火が消えるまでそのままほったらかしにしておくだけでご飯が上手に炊けるんです。この「ほったらかし炊飯」は、メスティンでなくても使える方法ですが、メスティンでぜひやってみてほしいですね。
普通サイズのメスティン(TR-210)は、1~2人分(0.5合~1.5合)に適しています。

魅力その2:パスタに最適

一人分のパスタ料理に適しています。半分に折ったスパゲティを茹でるのにちょうどいいサイズです。

魅力その3:取っ手が便利

取っ手が付いています。調理した直後で熱くても持つことができるので、すぐに食べられます。
もちろん取っ手は、調理の時にも欠かせないですね。

収納時は折り畳めるのでコンパクトに。蓋が勝手に開かないようにストッパーとしての役目もしています。

魅力その4:収納箱(小物入れ)として

多くのキャンパーがキャンプの魅力としてこだわる「パッキング」。
メスティンは、収納箱(小物入れ)としても使いやすいサイズなんです。
「この箱に何をどう詰め込むか」
これは結構な悩みでもあり、愉しみでもあります。

メスティンにピッタリのグッズもいろいろあります。
蒸し料理に使える「アミ」にもジャストフィットのものがあります。

ピッタリのチタンカップもあります。(ベルモントBM-007)

エスビット ポケットストーブもほぼピッタリ。

風防も入ります。

メスティンにいろいろなグッズをピッタリ詰め込めたときは気分爽快。
中身のパッキング考には結構はまっちゃいますよ。

「単純なアルミの箱」なのですが、たくさんの魅力があります。
大きすぎず持ちやすい手頃なサイズ感も魅力の一つかもしれません。

今はファミリーキャンパーでも、メスティンがカッコよく見えてきたあなた、近いうちにソロキャンプにも目覚めるかもしれませんよ。

使い始める時はこちらをどうぞ。

アルミのクッカーなどは安価で手に入れやすいのですが、黒ずんだりと初心者には敬遠されがち。 お手入れの方法を知っておけば、長くきれい...