nanacoとクレジットカードを使う節税のしかた

nanaco03

納税は国民の義務だとはわかっていても、できれば少しでも出費は抑えたいですよね。
きちんと税金を納めながら、得する方法があります。
今回はnanacoとクレジットカードを使う節税のしかたです。

1.「nanacoカード」×「クレジットカード」

nanacoカード」は、セブンイレブンの電子マネーです。
コンビニなどで、買い物するのに使えます。

nanacoカードは、小銭いらずでとっても便利ですが、申込みに300円がかかります。 「この手数料がもったいない」と思っている...

クレジットカード」は、ネットショッピングする人なら必須ですし、工夫次第で生活費を大きく節約することができます。

やろうとしていることは、
「税金を納めるときに、クレジットカードのポイント分をもらう」
ことです。

クレジットカードからnanacoにチャージ(入金)すること
=クレジットカードを使うこと
=クレジットカードのポイントがつく

ということになります。

方法

・必要なもの:

① nanacoカード(無料で手に入れる方法はこちら
② 高還元率のクレジットカード
「特定のクレジットカード」でチャージしないとお得になりません。
(どのカードが良いかはあとで)

・手順:

① nanacoの公式サイトでログインする
② nanacoチャージする

「現金チャージ」ではポイントが付かないので意味がないですし、そんなことするのなら、指定日に銀行口座から引き落とされる「口座振替」の手続きをしておいた方が手間がかかりません。(現金チャージでは節税にはなりません)

注意:nanacoポイントはつきません。(クレジットカードのポイントがつきます)

2●おすすめのクレジットカードは?

追記事項

※「Yahoo! JAPANカード」は、2018年3月1日から、nanacoチャージによる還元率が1%⇒0.5%になってしまいました。残念です。
※「リクルートカード」は、2018年4月16日から、電子マネーチャージのポイント付与は合計で月30,000円までという制限ができてしまいました。これまた残念です。ただし、還元率は1.2%のままの模様です。

おすすめなのは、
Yahoo! JAPANカード」か「リクルートカード

これ以外のカードはどうか?といえば、

楽天カード×
2017年11月からからのnanacoチャージがポイント付与されなくなっています。

ライフカード×
nanacoチャージではポイント付与されません。(以前は付いていたのですが、今はついていません。知らずに使ったら付いていなかった・・・)

Yahoo! JAPANカード:

楽天カードやライフカードでチャージしてもポイントがつかなくなった今、還元率1.0%は魅力です。Yahoo! ショッピングをよく使う人、ソフトバンクユーザーはTポイントの利用価値は高いですよね。

※2018年3月1日から、nanacoチャージによる還元率が1%⇒0.5%になってしまいました。

リクルートカード:

還元率は1.20%と高いです。リクルートポイントを使うとしたら、「ポンパレモールで買い物」か、「Pontaポイントに交換」あたりが使い道でしょうか。

私の場合は、ネットショッピングにはAmazonかYahooショッピングを利用するので、ポイントが少し多くたまったとしても利用価値が低いですが、「ローソンも利用する方」ならよいと思います。

以前は良いと言われていたカードも、軒並み、チャージによるポイント付与をやめてしまっています。

簡単にできる方法なので、今のうちにこのワザは使っておきましょう。

ポイント
・節税となるのは、クレジットカードのポイント分
・必要なものは、「nanacoカード」と「高還元率のクレジットカード」
・方法:クレジットカードから、nanacoへチャージ(入金)する
・おすすめのカードは、「Yahoo! JAPANカード(JCB)」か「リクルートカード」
・注意:nanacoポイントはつかない(つくのはクレジットカードのポイント)

クレジットカードをつくるなら、この記事も参考にどうぞ。

楽天カードやYahoo!JAPANカードなどのクレジットカードをつくろうか迷っている人、どっちにしようか迷っている人 「ちょっ...