絶対持ちたい!お得なnanacoカードを無料でつくる方法

nanaco01

nanacoカードは、小銭いらずでとっても便利ですが、申込みに300円がかかります。

「この手数料がもったいない」と思っている人、実は「無料」でつくる方法があります。

今回は、その方法を紹介します。

nanacoカードのいいところ

nanacoカードは、株式会社セブン・カードサービスが提供する電子マネーです。

事前にチャージ(入金)しておけば、レジにかざすだけでお買い物ができます。
小銭いらずでとっても便利ですし、nanacoを使ってお買い物をするとnanacoポイントがたまります。

セブンイレブンやイトーヨーカドーなどが有名ですが、使えるお店は案外いろいろあります。

nanaco101

100円(税抜)に「1 nanacoポイント」たまります。
(200円に1ポイントのお店もあります)
1nanacoポイント = 1円分 の電子マネーとして使えます。

そして、忘れてはいけないのが、
税金が納められる唯一のカード」ということです。

これについては、別に記事を書いてます。

無料でつくるには?

カードは、セブンイレブンに行けばすぐにつくることができますが、通常は発行時に「300円」かかってしまいます。

300円と言えども、これをためるには、
仮に、100円→1ポイントとしても、
32,400円分の買い物をしなければたまらないのです。
(108円×300ポイント分=32,400円)

この300円を、実質「無料」にする方法です。

1.イトーヨーカドー

【8日・18日・28日】は、ご入会手数料無料となります。
ただし、入会当日に、1,000円以上チャージする必要があります。

※つくる時期によっては、300円分ポイントバックという場合もあります。
当日300円は支払う必要があるが、後日300円分のポイントが入るというものです。

「8のつく日」にイトーヨーカドーで手続きしましょう。

また、イトーヨーカドーは、毎月8のつく日は「ハッピーデー」なので、
5%オフで買い物ができたり、ポイント増量などで、メリットは大きいです。

2.セブンイレブン

通常、セブンイレブンでは300円かかりますが、たまに無料キャンペーン(またはポイントバック)を行っていることがあります。

キャンペーンののぼり旗が立っていたりするので要チェック。
新規開店の店舗とかで無料キャンペーンをやっていたりもします。

3.セブンカード・プラス

クレジットカードと電子マネーnanacoが1つになったカードがあります。

初年度年会費無料(2年目以降は500円)
※前年度クレジットショッピングお支払合計金額が5万円以上の場合は無料

特典:
セブン&アイグループの対象店で使うと、ポイントが2~3倍たまる(還元率1.0~1.5%)
電子マネーnanacoへのチャージでもポイントがたまる(還元率0.5%)

4.モバイルnanaco

おサイフケータイ対応のスマホなら、「モバイルnanaco」がつかえますので、300円がかからず無料で使えるようになります。

iPhoneは、残念ながら未対応です。

5.その他

デニーズ、ヨークマート、ヨークベニマル、西武、そごうでも、nanacoカード無料キャンペーンを行っていることがあるようです。

カードを作りたいときに、ちょうどキャンペーンをやっていたら逃さずつくりましょう。

結論としては・・・

近くのセブンイレブンで、運よく無料キャンペーンをやっていればよいのですが、
自分が欲しいと思った時にはやっていなかったりするものです。

「nanacoカードがほしい!」となったら、すぐにでも手に入れて使ってみたくなるのでは?

結論としては、
8のつく日」(毎月8日、18日、28日)に「イトーヨーカドー」でつくる

「8のつく日」は月に3回やってくるので、数日待てば確実に無料でつくれます。

近くにイトーヨーカドーがない方は、「セブンカード・プラス」を申し込む のがいいと思います。

※ 私はiPhoneユーザーなので、「モバイルnanaco」は対象外のためよくわかりません。

*****

いかがでしたか?
今回は、「nanacoカードを無料でつくる方法」について紹介しました。

ぜひ参考にしてみてくださいね。