ミニキットとあわせて買いたいおすすめソロクッカー!プリムス ライテックケトル&パン

PRIMUS(プリムス)のイージークック・ミニキットがピッタリ収納できるクッカーに、「ライテックケトル&パン」というのがあります。
ソロキャンプでは荷物をできるだけコンパクトに収納したい、そんな道具の組み合わせを考えているなら、これはピッタリのクッカーです。

今回は、プリムスのソロクッカー「ライテックケトル&パン」を紹介します。

ソロクッカー選び

私がソロクッカーに求めていたことは、コンパクトさ、見た目、機能性、そして・・・スタッキングのしやすさです。

最終的に選んだのはこれでした。
「PRIMUS ライテックトレックケトル&パン P-731722」と
「PRIMUS イージークック・ミニキット P-CK-K101」という組み合わせです。

イージークック・ミニキットについては、こちらの記事をご覧ください。

ソロキャンプを始めようとしている方、どのソロクッカーにするか決まりましたか? おすすめは、PRIMUS(プリムス)の「イージークッ...

PRIMUS ライテックトレックケトル&パンとは

まずは、概要です。

PRIMUS(プリムス) ライテックトレックケトル&パン P-731722

セット内容:
・1.0ℓ鍋(内径11cm×高さ11cm)
・フライパン(内径11cm×高さ3cm)
重量:280g
収納サイズ:Φ13×H14.5cm
付属品: 収納袋
ハードアノダイズド加工済みアルミ製
内側ノンスティック加工済み
底面滑り止め加工済み
価格:¥3,400(税抜)

メーカー説明では、
・250サイズのガスカートリッジと小型バーナーを一緒に収納することが可能なクッカー。
・蓋と鍋の内側にはノンスティック加工を施し、蓋はミニフライパンとしても使用が可能。
となっています。

最新のものは、ロゴの色が赤から白に変わっていますね。
大きさ等の変更はなく、品番も変わってません。

おすすめの理由

・スタッキングが前提のクッカー

ソロクッカーは、どうスタッキングできるかが重要です。

「ライテックトレックケトル&パン」は「イージークック・ミニキット」との相性が抜群にいいんです。
メーカーは公式にこのような組み合わせの例を出しています。

(出典:プリムス/イージークック・ミニキット梱包箱)

このことは別の記事に書いてますのでそちらもご覧ください。

ソロキャンプでは、できるだけ荷物をコンパクトにしたいので、何にどれを詰め込んでいくか悩みます。 クッカーは中が空っぽなので、そのま...
ソロキャンプを始めようとしている方、どのソロクッカーにするか決まりましたか? おすすめは、PRIMUS(プリムス)の「イージークッ...

もう一つ、「250サイズのガスカートリッジと小型バーナーを一緒に収納することが可能なクッカー」とメーカーも言っているとおり、ガスカートリッジ(大きいほう)がちょうどのサイズで収納できるのです。

キャンプに持っていくモノは毎回全く一緒ということはありませんよね。自分流の基本の組み合わせ方があっても、料理の内容や人数などによって持ち物や収納のしかたは変わってくるものです。
パッキングやスタッキングは1種類だけでなく、いろいろな組み合わせが考えられた方がいいですよね。

何といっても、収納面のメリットは大きいですよ。

・片付けがラク

内側は「ノンスティック加工済み」です。つまり、焦げつかないし、掃除がとても楽ということです。よく、こういった加工を嫌う方もおられますが、やっぱりあれば楽できます。

メスティンというクッカーを使ったことがある方はわかると思いますが、クッカーの汚れを取るのは割と一苦労でして、特にご飯のこびりつきは厄介だったりするわけです。
食べ終わった後、サッとひと拭きで済むのは楽ちんで助かりますよ。
ちなみに、メスティンを否定しているわけではないので、念のため。私のお気に入りの一つで必需品です。

・バーナーの上で滑らない

底面には「滑り止め加工」がされています。使ってみればわかりますが、バーナーの上に置いたときに滑りません。これは地味なことで案外無視されがちですが、この点はすごく助かるんです。一緒におすすめの「イージークック・ミニキット」には残念ながらこの加工がありません。両方使ってみて、この小さな工夫があることの魅力がとてもよくわかります。

・ミニフライパンは朝食に活躍

蓋がミニフライパンになります。とても「ミニ」なので、これで本格的な料理は無理ですが、朝食の「卵ひとつ使った料理」などには重宝します。目玉焼き、スクランブルエッグなどですね。ソーセージを炒めるのにも十分使えます。


料理した後、そのままお皿として使えるのも、場所を取らず片付けも楽になりますね。
食べる時には取っ手を元に戻しておくと占有スペースが小さくできますし、思いのほかガタつきません。取っ手の耐熱チューブがすべり止めの役目もしてくれます。

以下は、「イージークック・ミニキット」と同様の良い点です。同メーカーですので、この辺は統一感も出ていいですね。

・取っ手にも工夫あり

耐熱チューブ」が付いています。熱さが伝わりにくく、滑りにくいので「持ちやすい」。(それでもやけどには注意をしてくださいね)

取っ手の位置」にも注目を。クッカーの「上の方」に取っ手が付いています。
深型のクッカーは底面積が小さいので、バーナーの炎が大きいと側面にまでいくこともあります。取っ手が炎からできるだけ遠くに配置されていることで「熱くなりにくい」です。


このタイプは、もろに取っ手に熱が伝わってしまうことも忘れずに。

・耐久性への配慮

「ハードアノダイズド加工済み」のアルミ製です。この加工は、耐蝕性や耐摩耗性に優れ、より硬く丈夫にしてくれるようです。
長く使うつもりなら、こういう点も考慮したほうがいいですね。

・見た目の良さ

普通のアルミ色より高級感があると思いますがいかがです?銀色のアルミ感も嫌いではないですが、この「色」好きです。

今回は、PRIMUS(プリムス)の「ライテックトレックケトル&パン」を紹介しました。
同じプリムスの「イージークック・ミニキット」とセットにして、ソロキャンプで使ってみてください。

関連記事

ソロキャンプを始めようとしている方、どのソロクッカーにするか決まりましたか? おすすめは、PRIMUS(プリムス)の「イージークッ...
ソロキャンプでは、できるだけ荷物をコンパクトにしたいので、何にどれを詰め込んでいくか悩みます。 クッカーは中が空っぽなので、そのま...
クッカーに詰め込んでいった小さな道具たち。 どんな状態で持ち帰っていますか? クッカーの中が汚れていると、持って行く時のように中...