ランタンに最適!こんな便利なライターがあった

lighter

コールマンのガソリンランタン。
点火装置の付いたものもありますが、趣があるのが昔からあるクラシカルなタイプ。難点と言えば着火に手間がかかること。柄の長いマッチでもいいのですが、こんなライターを使ってます。今回はその話を。

名前も知らないけど素晴らしいライター

一見、100円ライターのようですが違います。
100円ライターのような控えめな風貌ですが、他にはこんな優れものはありません。

これは、 「Coleman 200B」。クラッシックタイプの赤ランタンで、200Aモデルの復刻版です。

Coleman 200B-2

このランタンの残念なところは、チャッカマンが使えないこと。

しかし、

普通の「パワーハウス(R)ツーマントルランタン」だと、チャッカマンが使えます。こんな感じに。

しかし、Coleman 200Bは差し込む穴が小さいので、チャッカマンが入りません。

柄の長いマッチでもいいですが、もっと良いのがこのライターでした。

1.炎がスライドして伸びるんです

このライターには、スライドする部分がついています。

普通に火をつけて、このスライド部分を上に移動させると……

こんな感じに炎の部分が伸びるのです。
伸びた状態でスライドがロックします。

伸びる部分は細いので、ランタンの穴が小さくてもちゃんと使えます。

これってすごくないです?
このランタンのために作られたかのようなライターですよね。

つぎに・・・

2.燃料(ガス)残量がわかるんです

側面に窓がついているので、燃料(ガス)の残量が分かります。
これまた便利。

さらに・・・

3.燃料(ガス)が充填できるんです

なんと!使い捨てではありません。
ちゃんとガスが充填できるので、繰り返し使えます。

しかも・・・

4.発火石の交換ができるんです

これは購入時にライターに巻かれていた紙なのですが、そこにはなんと!「発火石の交換」の方法が書いてありました。

5.価格も安い(と記憶してます)

価格も安かったと思います。
残念ながら、いくらだったか忘れました…でも、数百円だったと思います。

こんな至れり尽くせりの商品はなかなかお目にかかれません。

もう一度、素晴らしい点を挙げてみますと、
1.炎がスライドして伸びます(ロック付き)
2.燃料(ガス)残量がわかります
3.燃料(ガス)が充填できます
4.発火石の交換ができます
5.価格も安い(と記憶してます)

こういう商品に巡り合えたのはとてもラッキーでした。
作ってくださった会社、考えた社員さんにはひたすら感謝です。

ところが・・・

今は手に入らない?

実はこのライター、手に入れたのはもうかなり昔の話。もしかしたら、20年くらい前になるのかもしれません。

今ではどこに行っても見かけることはありません。こんなに良い商品なのに…。

商品名が分かれば、ネットで検索もできますが、名前もわかりません。

ライターには、「(有)富士火研」と書いてあります。

ネットでこの名前を検索しましたが見つかりませんでした。
もう作ってないのでしょうか。かなり昔のものですので。

もう存在しないのであれば、こんなもったいない話はないですね。
とてもいい商品なのに。

もし、この商品の情報があればぜひ教えてください。

世の中には、つまらない粗悪なものがいっぱいありますが、これを作った会社はすごいと思います。

私は、今でも現役で使ってます。

とても大切にしています。(故障してほしくない・・・)

関連記事

キャンプに行くときは、できるだけ荷物を少なくしたいのですが、 「これだけはかさばったって、絶対キャンプに持ってきたい!」 という...
ランタンにつける「リフレクター」。 何のためにつけるのか、イマイチその必要性がわからない人もいるようです。 リフレクター(反...