心配りは自分にもよい効果あり!ランタンリフレクターの作り方

ランタンにつける「リフレクター」。
何のためにつけるのか、イマイチその必要性がわからない人もいるようです。

リフレクター(反射板)によって、光をある方向に集中させ、より明るくすることができます。

今回は、とても簡単にできる「ランタンリフレクターの作り方」です。

お隣キャンパーに迷惑をかけない心配り

キャンプ場でお隣のランタンがまぶしいくらい明るくて、ちょっと迷惑…って思ったことないですか。
ランタンって周囲を360度照らすものだから仕方ないし、お隣さんも悪気はないはず。

でも、他のキャンパーが「迷惑かも」って思うようなことは、できるだけ自分でも気をつけておきたい。
みんなそれぞれが楽しいキャンプに来ているわけですからね。

ランタンは周囲を照らしてくれますが、ある方向への光を遮断したいときもあります。
こんな時に「ランタンリフレクター」が便利です。

自分のサイトは、より明るくできる

リフレクターとは反射板のことです。
これを使うと、光をある方向に集中させることができ、より明るくすることができます。

周囲に気を配ることで、同時に自分にも良いことがあるわけです。

ランタンリフレクターの作り方

特に難しいことはありません。
写真を見ていただいた通り、ステンレス板に金具をつけただけものです。

●必要な材料は?

・ステンレス板(15cm×30cm)
・取付金具(穴あきステー 長さ29cm) ※L字でなくまっすぐのもの
・ねじ(蝶ナットにしましたが何でもいいです)

どれも、ホームセンターにて調達です。      

●作り方

私は、コールマン200B というガソリンランタンを使ってます。

これに合わせたサイズで説明しますが、ご自分のランタンに合ったサイズに調整してくださいね。

1.ステンレス板(縦15cm×横30cm)の4角を丸く切ります

切る道具には、私はこんなのを使いました。

このハサミは、針金や薄い金属板のほか、生花や細い枝などを切ることができます。
一つあると案外便利ですよ。

2.穴あきステーを10cmのところで折り曲げます

ペンチを使ってゆっくり曲げていきます。

3.ステンレス版に穴をあけ、穴あきステーをねじで取り付ける

穴あけの位置は、ご自分のランタンに合わせながら決めてくださいね。

4.ステンレス板をランタンに合わせて曲げていく

全体の様子を見ながら、「ゆっくり」曲げていきましょう。

5.ランタンに取り付けます

ランタンのボールナット(頭の部分のナット)を一旦外し、リフレクターのステーの穴を通して、ナットを付け直します。

完成です。

リフレクターを付けたままケースに収納できます。
(つけっぱなしでOKなので楽ちんです)

とっても簡単にできるので、ぜひ作ってみてください。

周囲に配慮することで、同時に自分のサイトはより明るくなりますよ。

関連記事

キャンプに行くときは、できるだけ荷物を少なくしたいのですが、 「これだけはかさばったって、絶対キャンプに持ってきたい!」 という...
コールマンのガソリンランタン。 点火装置の付いたものもありますが、趣があるのが昔からあるクラシカルなタイプ。難点と言えば着火に手間...