これなら忘れても大丈夫!大切なアイデアを溜めておく方法(5)写真・音声

idea_memo05

大切なアイデアをためていく方法を紹介するシリーズの第5回です。
前々回から、具体的なツールを私の例で紹介しています。

今回は、「その他の記録ツール」です。

前回までの記事はこちら
(1)考え方
(2)ツール
(3)紙とペン
(4)文字入力

写真に撮る

今は、ほとんどの方が携帯電話を「携帯」しています。
そして、便利なことにカメラが付いています。

外出時には、看板やお店など、あちこちにアイデアのネタはあります。

書いたり、入力したりと、「文字で保存できないとき」もあるでしょう。
そんな時は、「iPhoneで写真を撮って」おきましょう。

紙に書いたメモも、写真に撮ってEvernoteに送るという手もあります。

写真をEvernoteに直接保存する方法もありますが、
私の場合はしていません。

Evernoteは、無料で使う場合、「月間アップロード容量は、60MB」しかないのです。

写真をたくさん保存してしまうと、すぐに容量に達してしまします。
ですので、写真はとりあえずiPhoneにそのままにしておいて、
必要なものだけEvernoteへ」送り込みます。

お金を払えば、Evernoteの容量が増やせます。

手がふさがっているなら「声」を記録

iPhoneには「ボイスメモ」がついてます。
書くのが、または、入力することができない場面では、「音声で保存」という手もあります。

私の場合、メモにこの方法はほとんど使っていません。
たまに、一人で車の運転中はやるときもありますが。
恥ずかしさが先にきて、性格的になかなか馴染まないのですが、この方法が合う人もいるでしょう。

ちなみに、Evernoteには音声ファイルも保存できますよ。

お金を払えば、Evernoteの容量が増やせますので、それもいいかもしれません。

ですが、音声は見えませんので、文字という形でEvernoteに保存した方が後々活用しやすいです。私の場合、アイデアメモ程度の短い内容なら、Evernoteに入力し直しています。

会議の録音など、どうしてもそのまま音声として記録しておきたいものは、専用フォルダをつくって別に保存しています。

アイデアは「Evernote」に集まっている

evernote01

入力、紙、写真、音声… いろいろな形で記録した大切なアイデアは、「Evernote」に集まってきているはずです。
「一か所にまとまっている」ことが重要です。

Evernoteはアイデアの「まとめノート」になっていますので、見返してみて使えるアイデアを形にしていきましょう。

次回は、「こんなときには?」を考えてみます。

大切なアイデアをためていく方法を紹介するシリーズもいよいよ最終回(第6回)です。 これまで何回かに分けて、考え方~具体的な方法とそ...