これなら忘れても大丈夫!大切なアイデアを溜めておく方法(4)文字入力

idea_memo04

いろいろなツールを駆使して、大切なアイデアをためていく方法を紹介するシリーズの第4回です。前回から、具体的なツールを私の例で紹介しています。

今回は、「文字入力のためにどんなツールを使うのか」です。

前回の記事はこちら
これなら忘れても大丈夫!大切なアイデアを溜めておく方法(3)紙とペン

文字を入力するツール

アイデアの情報は一か所に集める。その場所というのは「Evernote」です。
evernote01
Evernoteには、PC版もiOSアプリもあります。Evernoteに直接入力することができるわけですが、難点は「起動がそれほど早くない」ことです。

せっかくのアイデアも、入力できる状態になるまで時間がかかるようでは、待っている間に忘れてしまうかもしれません。

思いついたら「サッ」と出して、「素早く入力」できる環境が必要です。

私は、Evernoteに直接入力せずに、iPhone、パソコンどちらから入力する情報でも、「Evernoteに転送されるアプリ(又はPCソフト)」を使っています。

現在使っているもの

iPhoneやiPadから入力する場合

アプリ(iOS):WriteNote(無料)

WriteNote01

・関連記事

せっかく思いついたアイデアは、忘れないうちにメモしておきたいものです。 関連記事:大切なアイデアをためていく方法はこちら ...

Windowsパソコンやタブレットから入力する場合

PCソフト(Windows):FastnotePlus(無料)

FastnotePlus01

・関連記事

パソコンを使っている時に、ふと思いついたことをメモするとしたら何に書き留めますか? ペンで紙に書く?パソコンのメモ帳に入力? メ...

*どちらも、文字を入力して送信」すれば、「Evernoteに保存」されるというツールです。

*これらを使うと、パソコンでもiPhoneでも、どちらで入力してもEvernoteの「特定の1つのノートブック」に集めることができます。

*1日分が1つのノートブックに時系列に記録されていきます。

Evernote0404

*どちらも起動は早いですので、「思いついた時に1~2行入力して送信」を繰り返すことができます。

ストレスなく使えるツールですのでおススメです。

*****

「紙とペン」
「文字入力ツール」

と紹介してきました。

このほかにも「写真」や「音声」での記録方法がありましたね。

次回は、「その他の記録ツール」を紹介します。

大切なアイデアをためていく方法を紹介するシリーズの第5回です。 前々回から、具体的なツールを私の例で紹介しています。 今回は...