クラッシック・赤ランタン コールマン200B(Coleman 200B743J)

Coleman 200B-0

キャンプに行くときは、できるだけ荷物を少なくしたいのですが、
これだけはかさばったって、絶対キャンプに持ってきたい!
というものがあります。

今回は、私のお気に入り、こだわりの逸品を紹介します。

Coleman 200B743J

それは・・・
「コールマン200B」(Coleman 200B743J)
クラッシックタイプの赤ランタンです。

グリーンの金属製ケースに入っています。

Coleman 200B-2

200Aモデルの復刻版です。

Coleman 200B-5

猫も杓子も「コールマン」という時代

購入したのは、今から25年位前になります。
1994年だったと思います。

当時は
ファミリーキャンプがブームで、猫も杓子も「コールマン」という時代でした。

誰もがコールマンの
「ツーバーナー」と「緑のツーマントル・ランタン」にあこがれ、購入し、
そのうちテントやクーラーボックスなど、何から何まで「コールマン」という時代がありました。

私自身も毎日、カタログに穴が開くほど何度も何度も眺めていましたっけ。
Outdoor」っていう雑誌も毎月買ってましたね。

outdoor

キャンプ場では、どのサイトを見ても同じコールマングッズ。
ハイスタンドの上に、ツーバーナーやクーラーボックスを置いて。

そんな中
クラッシックモデルのかっこいい「赤ランタン」の復刻版が出るということで、これはどうしても欲しい!という気持ちが抑えられずにいました。

飾っておくだけでも十分いいけど、
キャンプ場で使ったら目立つだろうな。この上ない優越感・・・
でも、20,000円は高いよなぁ・・・

結局
東京のコールマン直営店までわざわざ足を運び、買ってしまいました。
(当時はインターネットショッピングなんてまだまだできませんでしたから)

すごくうれしかったなぁ。あの時は。

そのあとすぐ、
「ノーススター チューブマントルランタン」というすごく明るいのが登場しました。(もう出てたかもしれませんが)

明るい新型もいいけど・・・「やっぱり赤ランタンだよね

なんて思ったのを覚えています。

こんなのがついてます

小さなフューエルファネル(じょうご)が付いています。

Coleman 200B-4

こんな感じに、ケースに収納できるようになっています。
ケース内部に小物を入れるところがついていて、予備マントルやライターなんかが入れておけます。

Coleman 200B-3

使っちゃうの?

普通なら飾っておくために購入するのかもしれません。

汚れたり傷ついたらもったいない。という方もいるでしょうが、逆にわたしは「使わないともったいない」と思っています。

自然の中でひときわ存在感を示す「赤ランタン」。
これを眺めるのは気分いいですよ。

Coleman 200B-0

ほかの色もなかなかいいね

最近、コールマンの商品は、自分の視野に入ってなかったのですが、
気がつけば、ライムグリーンとか、ヴィンテージブルーとか、
カッコいいのがいろいろ出ていたのですね。

「欲しい!」けど、手が出ない金額だったりして・・・

Coleman(コールマン) シーズンズランタン2017 ヴィンテージブルー


Coleman(コールマン) シーズンズランタン2018 レモネード

赤いクラッシックランタン。
一つ持っていたいアイテムなのではないかと。

私はこれ一つあれば十分です。

ということで、ソロキャンプであっても、誰かと一緒の時は必ず持って行く唯一大きな特別なアイテムです。

関連記事

コールマンのガソリンランタン。 点火装置の付いたものもありますが、趣があるのが昔からあるクラシカルなタイプ。難点と言えば着火に手間...
ランタンにつける「リフレクター」。 何のためにつけるのか、イマイチその必要性がわからない人もいるようです。 リフレクター(反...