Kindle用ChainLPの設定例<新書の場合>

chainlp_set1

自炊(電子化)した本をKindle PaperWhiteに入れるときには、mobi変換すると快適に読むことができます。

これからChainLPでmobi変換を始める方へ、「新書」の場合の設定例を紹介します。

基本的な設定はこちらをご覧ください。↓

Kindle PaperWhite で自炊本を読むときは、mobi というファイル形式に変換した方が読みやすいです。 変換には「C...

●新書用の「余白&トリミング」設定例

余白を除去します。
メニューバーの[編集]-[トリミング&余白]を選択します。

事前トリミング」のところへ、奇数ページ、偶数ページのそれぞれに数値を入れて余白を小さくします。

新書」は、文庫本に比べて縦に長いですので、上下の余白が大きいですね。
「”章”見出し」も本文から離れているので、これは削った方が文字を大きくできます。

ここら辺の値から、調整を始めてみてください。

[更新]ボタンを押すとプレビューに反映されます。

設定の値は、本によって変わってきますので、プレビューで確認しながら進めましょう。

必ず複数ページを確認してください。
奇数ページと偶数ページでは左右の余白が違うことが多いですし、文庫本同様、印刷の精度なのかスキャナーの読み取り具合いなのか、上下の余白もページによって若干違いがありますので。

そのほかの項目の設定については、こちらをご覧ください。

●ついでに、大きさの比較をしてみました

「新書(紙の本)」と「Kindle PaperWhite」の文字の大きさをくらべてみました。

新書は、上部の「”章”見出し」と下部の「ページ」が「本文」と離れているので、文字をできるだけ大きくするためにこれらは削りました。
Kindleのほうが文字は少し小さいですが、読みにくさは感じません。

文庫本のときと同様、両方を横に並べてみると、Kindleの読みやすさ」を感じることができます。画像ではわかりにくいかもしれませんが、Kindleのハッキリした文字の方が読みやすいです。

Kindle用mobi変換を始める方、参考にしてみてください。

文庫本の設定はこちら↓

Kindle PaperWhiteでは、サイズの大きな本は不向きですので、自炊本でmobi変換する「文庫本や新書」が多いかと思います...