Kindleにおすすめ!ChainLPの簡単な設定例<mobi基本編>

chainlp_set1

Kindle PaperWhite で自炊本を読むときは、mobi というファイル形式に変換した方が読みやすいです。
変換には「ChainLP」というソフトが便利ですが、慣れないと設定に時間がかかることも。

今回は「簡単にできるChainLPの設定例」を紹介します。

●PDFそのままでは読みにくい

Kindle PaperWhiteで自炊本を読む場合、PDFそのままでは非常に読みにくいです。

mobiというファイル形式に変換してあげるととても読みやすくなります。

●ChainLPを使おう

そこで登場するのが、「ChainLP」というソフトです。

ChainLP

各種ファイルに変換できるのですが、画像の補正、トリミングが同時にできるので、Kindle用のmobiファイルをつくるのには重宝します。

ダウンロードはこちら

ChainLPはいろいろな設定ができるのがいい反面、本はサイズが違うので、毎回違った設定が必要で結構面倒なもの。
前回どうやったか覚えてなかったりで時間がかかることも。

そこで、簡単な設定方法です。

●ChainLPの設定 基本編

1.ChainLPを起動します

2.jpgファイル(本のデータ)の入っているフォルダをChainLPへドラッグ&ドロップ

pdfの場合は、jpgに変換してからになります。

pdf⇒jpg変換の方法はこちらの記事を参考にしてください。

3.左側にあるファイル一覧で、画像の補正をしないファイルにチェックを入れておきます

補正をしないファイルとは、余白トリミングの影響を受けたくないページで、表紙や裏表紙などです。
ある程度自動でチェックが入りますが、裏表紙などは認識しないことがあるので確認してチェックを入れておきましょう。

4.右側に配置されている各種の設定を次のようにします

大抵の本に共通の設定になりますので、別の本を変換するときにも使えるかと思います。
一旦、すべての項目を以下と同じ設定にしてください。
設定は、次の起動時にも引き継がれます。

*「綴じ」のところは、右綴じ左綴じ、本に合わせてどちらかを選択してください。

*「本のタイトル」、「著者」を入力します。

* あとは上図と同じにしておいてください。

●参考までに……

・「サイズ」は、「元スケール」にしています。
通常」を選択して、サイズを「1072,1448」(Kindleの画面サイズ)にしてもよいのですが、違いはKindleでの「一覧表示のときの表紙の大きさ」です。例えば、「元スケール」なら新書の場合は縦長に表示されますし、「通常」なら新書も文庫本も同じ大きさになります。ここは好みではあります。
ちなみに、PDFをそのままKindleに入れた場合は、表紙画像は反映されないです。

・「ページ補正」は、文字の位置等に合わせて余白を自動で消すため、ページによって文字が大きくなったり小さくなったりすることがあるので、おススメしません。「リサイズなし」にしましょう。

5.余白を除去します

メニューバーの[編集]-[トリミング&余白]を選択します。

事前トリミング」のところへ、奇数ページ、偶数ページのそれぞれに数値を入れて余白を小さくします。[更新]ボタンを押すとプレビューに反映されます。
設定の値は、本によって変わりますので、プレビューで確認しながら進めてくださいね。

必ず、複数のページを見て確認してください。
奇数と偶数では、左右の余白の大きさが違ったりしますので。

上手くサイズ調整できたら、[閉じる]を押します。

参考までに、余白の設定例はこちらをどうぞ。

Kindle PaperWhiteでは、サイズの大きな本は不向きですので、自炊本でmobi変換する「文庫本や新書」が多いかと思います...
自炊(電子化)した本をKindle PaperWhiteに入れるときには、mobi変換すると快適に読むことができます。 これか...

6.文字の濃さ、汚れの除去を調整します

自動レベル」のチェックを外すと手動で調整できます。(自動レベルにチェックが入っている状態できれいな場合はそのままでOK)
ガンマ補正」の数値を変えてみてください。

プレビューを確認してみて、うまくいかないときにはその他の設定をいろいろ変えてみてください。

どうやってもきれいにならない場合は、別のツールを試してみましょう。

こちらのページを参考にXnconvertというソフトです)

Xnconvertできれいにしてから、ChainLPに再挑戦してください。

7.「出力」を押すと処理が始まり、mobiファイルが作成されます

Kindle PaperWhiteで読むには

PCとKindleをケーブルでつなぐと、kindleのフォルダが表示されますので、この中のdocuments」フォルダへmobiファイルを入れてください。

これで、Kindle PaperWhite でも文字をハッキリ、大きくして読むことができます。

設定のコツは、
・「サイズ」は、”元スケール”にする。
・「ページ補正」は、”リサイズなし”。
・[トリミング&余白]で余白を小さくする。
・画質がきれいにならない場合は、「Xnconvert」というソフトできれいにしてから、もう一度始める。

簡単な設定方法です。ぜひ、試してみてください。

関連記事

Kindle Paperwhite用にmobiファイルをつくるには「ChainLP」がおすすめです。 簡単にできるmobi変換...