Kindle用ChainLPの設定例<文庫本の場合>

chainlp_set1

Kindle PaperWhiteでは、サイズの大きな本は不向きですので、自炊本でmobi変換する「文庫本や新書」多いかと思います。

これからChainLPでmobi変換を始める方へ、「文庫本」の場合の設定例を紹介します。

基本的な設定はこちらをご覧ください。↓

Kindle PaperWhite で自炊本を読むときは、mobi というファイル形式に変換した方が読みやすいです。 変換には「C...

●文庫本用の「余白&トリミング」設定例

余白を除去します。
メニューバーの[編集]-[トリミング&余白]を選択します。

事前トリミング」のところへ、奇数ページ、偶数ページのそれぞれに数値を入れて余白を小さくします。

ここら辺の値から、調整を始めてみてください。

[更新]ボタンを押すとプレビューに反映されます。

設定の値は、本によって変わってきますので、プレビューで確認しながら進めてくださいね。

必ず複数ページを確認してください。
奇数ページと偶数ページでは左右の余白が違うことが多いですし、印刷の精度なのかスキャナーの読み取り具合いなのか、上下の余白もページによって若干違いがありますので。

そのほかの項目の設定については、こちらをご覧ください。

●ついでに、大きさの比較をしてみました

「文庫本」と「Kindle PaperWhite」の文字の大きさをくらべてみました。

Kindleのほうが文字は少し小さいですが、それほど文字の大きさの違いは感じません。
上部にある「”章”の見出し」部分を削れば、もう少し文字は大きくなりますね。

文庫本にも文字のサイズが大きめのもの、とても小さなものがありますが、紙の本で読めていたならKindleでも問題なく読めるでしょう。

文字の大きさの比較のつもりだったのですが、それよりも気になったのが「見やすさ」でした。
文庫本には、紙質があまり良くないものがあります。(本によってではありますが…)

今回、両方を横に並べてみて、改めてKindleの読みやすさ」に気がつきました。

文庫本の薄い印字より、Kindleの濃くはっきりした文字の方が読みやすいです。年齢的に余計に感じるのかもしれませんが…

Kindle用mobi変換を始める方、参考にしてみてください。

新書用の設定はこちら↓

自炊(電子化)した本をKindle PaperWhiteに入れるときには、mobi変換すると快適に読むことができます。 これか...