効果抜群!中古本、古本の臭いを取る方法

furuhon_nioi

インターネットで中古本(古本)を買ったら、臭かったってことありませんか。
楽しみにしていた本が、臭かったらガッカリですよね。
今回は、そんな「臭い本」のにおいを取って、気持ちよく読めるようにする方法を紹介します。

たまにある「クサイ本」

貴重な本や前から探していた本に出合えた時って、すごくうれしいですよね。

中古本(古本)といえば、ブックオフが有名ですが、実店舗だけでなく、Amazonとかインターネット上で買う人も多いのではないでしょうか。

探していた本に出合えて、すぐに購入!
早く届かないかと待っていることでしょう。

そんな楽しみにしていた本。
開いてみたら、「なんか臭い!」

前の所有者が喫煙者だったりすると、こんなことも…

出版年が古い本などは、「古書特有のにおい」がひどかったりすることもあります。

においがキツイと、読み続けるのも大変。
せっかく手に入れた本も、これでは読書意欲が半減です。

最近は、こんな強烈な臭さの本に出合うことも少なくなりましたが、送られてきた本が臭かったら、あなたはどうします?

身近なもので、そして簡単に、この臭いを消すことができますよ。効果は抜群です。

臭いを取るには「新聞紙」を使おう

本の臭いを消すのには、「新聞紙」を使います。
新聞紙には消臭効果があるようです。
簡単にできますので、試してみてくださいね。

<新聞紙で臭いを取る方法>

1.本より少し大きいサイズに新聞紙を切ります

新聞紙の切断サイズ: 本のサイズ < 新聞紙のサイズ(本より少し大きめ)
用意する枚数:  本の全ページ数 ÷ 10(適当でかまいません)

きれいに切る必要はありません。終わったら捨てちゃいますので。

2.新聞紙を数ページ置きに挟んでいきます

細かく挟んだ方が効果が高くなります。
10ページ間隔くらいでよいでしょう。(適当でかまいません)

3.本を丸ごと新聞紙で包みます

4.3日くらい、そのまま置いておきます

これだけです。

これでニオイは消えていると思いますが、
まだ気になるようでしたら、新聞紙を新しくしてもう一度やってみてください。
この場合、挟むページは変えた方がいいでしょう。

私の場合、かなり強烈なニオイの本でも、1回だけで臭わなくなりました。
新聞紙は何かと役に立ちますね。

今回は「本の臭いを取る方法」を紹介しました。
これで、気持ちよく読書できるはずです。

せっかく手に入れた大切な本。
ぜひ試してみてください。