低すぎるロールテーブルの悩みを解決!Alpine DESIGN ツーリングテーブル

ソロキャンプであると便利なロールテーブル。
人気のアイテムですが、低すぎるという声も聞かれますよね。
今回は、ひと工夫されたロールテーブルの紹介です。

●ロールテーブルは便利だけれど・・・

このようなロールテーブルは軽くてコンパクトなので、ソロキャンパーに人気のアイテムです。ツーリングなどでも使っている方は多いようです。
Amazonをみると、ベストセラーの表示があり、レビュー数も非常に多く、評価も高いですね。
軽くて、折り畳めて、設営も簡単。
多くの方が認めるすばらしいアイテムなんだと思います。

ただ・・・
ロー・スタイルのテーブルとはいえ、ちょっと低すぎる気がするのです。

Amazonでも良く売れていて評価の高いキャプテン○○のロールテーブルのサイズは、「幅400×奥行290×高さ120mm」

テーブルの高さは、12cm。

地面に直接座る場合でも、テーブルとしてはちょっと低い気がします。
イスを使うとなると、テーブルとしては使いにくい。

とは言え、コンパクトに折りたためるので持ち運ぶのにはいいし、軽いのも魅力。

もう少し、「高さ」があれば・・・

探したら、良いのがありました。

●Alpine DESIGN ツーリングテーブル

天板は同じ「幅400X奥行290mm」で、高さが「10cm」と「16cm」の2段階に変えられる優れものです。

(アルパインデザイン) Alpine DESIGN ツーリングテーブル

■アルミ製で軽量・コンパクト収納
■高さ2段階調節
■使用時サイズ:幅400X奥行290X高さ(低)100/(高)160mm
■収納時サイズ:幅400X奥行100X高さ70
■重量:約800g
■耐荷重:約4kg以下
■付属品:収納ケース
■アルミニウム

脚を伸ばした高さは16cm
地面に座って使う場合には、ちょうどよい高さです。
シングルバーナーの上にクッカーを置くことになるでしょうから、あまり高さがあると、クッカーの中が見えなくなり使いにくくなります。

脚を一つたたむと、高さは10cm
テントの中で使うこともあるでしょう。ソロ用テントでは低いほうが使い勝手がいい。それに、狭い前室で使うときも低いほうが使いやすいです。

探してみると元から脚が長いタイプもあるのですが、「高さが変えられる良さ」はここら辺にあります。

●脚がパイプ製で折り畳めるタイプは?

こんなタイプもありますよね。
一見、高さもあって、良さそうな気がします。
このタイプで気をつけたいのが「収納時の長さ」です。天板の長辺は40cmと同じでも、収納時の長辺がそれ以上に長くなってしまうものがあります。脚部分が天板以上に長いものがあるので、この点は注意が必要です。

もう一つ気をつけなければいけないのが「高さ」
30~40cm程の高さがあると使いやすそうですが、地面に座って使う場合は高すぎます。シングルバーナーを使う時、高すぎてクッカーの中が見えなくなって料理しにくいです。

テントの中や前室で使うのにも高すぎます。
重さも少し重くなります。

●Alpine DESIGN ツーリングテーブルで決まり!

Alpine DESIGNのこのテーブルの良さは、「高さが2段階に変わること」です。使い勝手の良い2段階です。

レジャーシートを持って出かけるような時には、一緒に持って行くといいですよ。
海水浴、デイキャンプ、釣り、お花見、運動会など、使い道はソロキャンプに限らずいろいろな場面でつかえます。